« メトロくんの 地下鉄旅行その4 | トップページ | 『おわかれします!おすわり!おて!』 »

2006年5月18日 (木)

ようやく スタート

今週は Aネットの会だった。
2年前 市の福祉協議会からサークルに声をかけてもらい 市の自閉症支援委員会に参加することになった。
その頃の 親たちの願いは
『親たちは つながりもあり ネットワークがひろがっているけれど 支援者達はネットワークがない。
同じ自閉症児、者を支援する仲間として先生たちや施設の人たちのつながりをもってほしい!』
そして 年3~4回の講演会の時に アンケートを配り 支援者たちの情報交換会に興味があるか?参加してみたいか?などの項目を作った。
そのアンケートの結果 20人の支援者たちが名乗りをあげた。
どんな形にしていくか?保護者はどう参加するか?
いろいろなことを 話し合い 今年から 夜月1回 支援者たちのネットワークがはじまった。
参加者は 児童精神科医、療育施設の人 保健士 保育士 小学校の情緒学級の先生、中学校の先生 養護学校の先生 施設の人 ホームヘルプの人 あらゆる人たちが 大変 意欲をもって参加してきたのだ!

今月は 私も参加してきた。
テーマは 幼児期。
いろんな事例をふまえながら たくさんの視点からの意見やアドバイスが飛び出し 大変あつい会であった。
こんなに あつくなれる人たちがいるんだと 保護者として感動した。
市の未来が輝いてみえてきたようだった。
そして autismのAで Aネットとなった。

|

« メトロくんの 地下鉄旅行その4 | トップページ | 『おわかれします!おすわり!おて!』 »

コメント

そんなに「あつい」会合だったのね、今回は・・・。うれしいね。
やっと私たち親の思いが届いてきたのかな?
でも、まだまだいろんなところで 熱いどころか冷え切ってる支援者もいたりして。。。
その「温度差」をどうしていくかが、大きな課題だね。
でも大きな「一歩」ですわ。

投稿: キンキママ | 2006年5月18日 (木) 23時28分

>キンキママさん
支援者が口々にいってたのは 保護者との信頼関係をどう作るか?ってことでした。
このAネットが力となり 冷え切っているやつら((-_-;))をも 動かす力になりますように!
私達もAネツトを支援しまひょー。

投稿: たららん | 2006年5月19日 (金) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メトロくんの 地下鉄旅行その4 | トップページ | 『おわかれします!おすわり!おて!』 »