« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月25日 (木)

気持ちよさそうだねー

20080914073345 私 眠いのよ。
写真?
撮ってもいいわよん。





人間でいう50歳くらいの 猫ちゃん 
デブ、、、、猫、、、、でも性格はいい!
ミミイちゃん
長生きしてね。

| | コメント (4)

2008年9月23日 (火)

大阪引込み線の旅 その2

Taisho_hikikomiえねぇ、、、真っ暗じゃん。一緒じゃん。
大正駅の引込み線だよぉぉ。
朝の8時から いったわさ。
毎日 決まった時間に就寝、起床する良い子のメトロは まあはやい。朝も6時前から起きている。
で さあ 今日は今里筋線だーって張り切ってます。私 まだベッドの中、、、ZZZ

まずは 御堂筋線 長堀鶴見緑地線 で大正駅終点まで。
「ねえ メトロくん 大正駅 前いったやん?」
「でーもね 引込み線の写真をとってない!」
で撮ったのがこれ。はい とりましたよ。でも これだけ見て 大正ってわかるの?
わかるらしいです。はい。

それから 蒲生4丁目までいき ねらいの 今里筋線。
Imazatosuji 2006年にできた新しい路線(横のメトロに何年か聞いてっと)
車両は4両と短いのですが さすが 新しいだけあって きれいだし カラーがオレンジで新鮮。
メトロが 終点の井高野で いいものみせてあげというので 改札をでて 表へ







Itakano これ井高野駅の外。フレームがオレンジですっきり。
何があったのかというと (実は写真を撮り忘れーーー)ここの向こう側の 線路に 目の高さに
新幹線が走っているのが見えるんでしたー。
なんで こんなこと知ってるの?と答えてくれることもなく はい 行くよーママ。とさっさと 手を引っ張られ また地下にもぐった私たち。ひょえ。
「ほらね 新幹線がみえたでしょ」
と自慢げ。




一度ホテルに戻り チェックアウトして また地下にもぐる私たち。
次は谷町線の八尾南までじゃーー。とおっ。
ちょうど お昼だったので 八尾南も改札をでて何かとおもったけど なにひとつ店がない!
結局 心斎橋までいって ランチ。
前回の大阪地下鉄の旅で 帰りの新幹線にぎりぎり 走ったことがあるので メトロくん ちゃんと時間も確認。

「新大阪までには何時何分についとけばいいの?」
とちゃんと タイムスケジュールも考えています。心斎橋でちょっと 私が買い物していると 

「ママ もうゆっくり買い物していいよ」
なんて言ってくれる、、、ありがとよ。けど そんなゆっくりできないから メトロくんが まだ乗りたいのに乗ろう!
と誘うと あと地下鉄は一本のってないから それで制覇。というので 堺筋線に乗りにレッツラコ゜ー

そして 前線制覇し 新大阪から 早めの新幹線に変更してもらい かえって来ましたとさ。
段々 頼もしいナビメトロ。また一緒に行こうね。本当に 間違いなく 路線図みなくても目的まで行けるってすげーよ。


番外編、、、、ねえ 私 大阪の地下鉄って 駅名よめないのよ。
関目成育→かんもくせいいく?→せきめせいいく○
野江内代→のえうちだい○
これは どう見ても 人の名前やん。のえ うちよさん! 
さんざん メトロに笑われた。

| | コメント (10)

2008年9月22日 (月)

大阪引込み線の旅 その1

Saitonishi_hikikomi これを見に この引込み線を見に大阪へでかけたメトロと私。
まず 新大阪までは N700系に乗りレッツラゴー。
新大阪から さてさて 今回は 行く先を知らない私なのよ。
メトロくん
「フリー切符をかってくださいね」
「はいはい」
ラッキーなことに 20日はノーカーディということで 一日地下鉄ニュートラムが600円乗り放題だ。

で どこにいきますの?
「大日まで行って そこから大阪モノレールの新しい路線彩都線にのり終点 彩都西までだよ。なんと そこには引込み線がぁぁ」
うっひっひーーーの笑顔。
残念ながらモノレールはフリー切符じゃ乗れないから 別途切符を購入。
彩都線は まだ新しく 終点の彩都西へいくにつれ 山に新都市をつくって徐々にマンションや住宅が建っている。
「こんな終点 住んでないのに来るのは鉄っちゃんぐらいよねー」
と自分で言っている。
そのとおり!

大日→彩都西→(モノレール)→千里中央→(大阪北急行)→本町→(中央線)→コスモスクエアー→(ニュートラム)→住之江公園→(四つ橋線)→どっかで乗り換え御堂筋線→どっかで乗り換えて長堀鶴見緑地線→梅田

もう覚えてない、、、、今回も ただついていくだけだったので いい加減な母だわー。
そして梅田のホテルグランヴィアにチェックイン。
ジャジャーン
って また部屋を線路側に変えてもらったよ。
Hotelkara 24Fからのながめ。JR各線。阪急電車も見える。
貨車の路線には はるかも走っている。
メトロ ひとりで
「おーサンダーバードがはいってきた。スーパーはくとだー」
といってます。これは 徳島と違って すごいじょ。












Hotel_2 私はというと わざわざとった24F北欧スタイルのお部屋。
かわいいインテリア。気持ちいい!
で メトロさんに頼んで 梅田のZARAにいき 秋物をゲットし (実はZARAは いつも喜んでついてきてくれる、、、というのも 中に透明のエレベーターがあるからじゃー)私も満足。早く大阪にもH&Mきてね。




それから 夕食をたべに また電車。近くの大丸でケーキをかい部屋でスイートタイム。
C3 いちぢくの ケーキ 超おいしかった。なんで3個ってか?
私は2個ペロリだよん。







Oosaka_isu
大阪って 電車の旅にはやさしいわよ。
どこの駅にも シートつき椅子がある!同じ電車にのらないので 折り返しするとき かなり 待つでしょ。待ち時間は しっかり座らないとねーって 座るのは私だけだけれどねっ。2日めも また電車だったよん。お楽しみに!

| | コメント (6)

2008年9月14日 (日)

井原鉄道 

187  連休は じっとしないメトロさんちです。メトロ ばば鉄の母と私。
まあ どこへ行くか?昨日まで 決めてなかったのですが 
福山まで高速で車でいき そこから
福山→(福塩線)→神辺→(井原鉄道)→清音→(伯備線)→倉敷→(山陽線)→福山
という感じで くるり一回りの旅を考え レッツラゴー!

これは 福塩線(ふくえんせん) 私がふくしおせん?といって メトロに笑われた。

Ibarawetsudo さて 井原鉄道。
乗換え時間が3分とあり とびのった。
そしたら しらなかったのよ。
こんな 素敵な車両があることを!
普通の通勤車両が多い中 やすらぎ号にあたった。
ひゃっほー。



196 だってね 
内装がいいのなんのって。
和風のサロンみたいなの。つり革だって 木でできている。
車内の風鈴もいい。





Photo そして 向かい合わせの座席なんて こーんな素敵!
お弁当とか 食べたい雰囲気だわよ。

とっても得した気分。





Mizushimarinkai それから 伯備線にのり 倉敷へ。
でも まだ13時過ぎだから 前から乗りたかったという 水島臨海鉄道へGO

これが まあ 50キロとかで ゆっーーーーーーーくり走るから眠くなる。
そして終点の水島へ。


そしたらね。なんと そこには

207 じゃじやーーーーーーーーーーーん。
引込み線発見じゃー。
メトロ 予想外に ホームの端まで走る走る。私もカメラをもって走る走る。

よかったねー。




そんなこんなで さいごは山陽線で福山まで帰りましたとさ。
まあ 井原鉄道に感激した私でした。メトロも 一番よかったのは 井原鉄道そして 水島の引込み線だとか、、、

| | コメント (10)

2008年9月10日 (水)

夢のある本 私編

paper20080910200729 3冊の本。
1.やっぱり またパリへ行こう!
 今日 姉から届いた。ありがとよー。
 きっと すきでしょ この本ってことで、、、。はい 好きです。
 母親と息子が 年一回 一ヶ月の休みをとって フランスへ行く(ただいま感覚)
子供の好きそうな スポットや 楽しそうな雑貨屋さんなど いろいろ紹介してくれている。ま、何より 毎年一ヶ月、、、そういった感覚に惹かれるのだよぉぉ。
私が パリに惹かれる理由、、、本当に 歩いているだけで 幸せになれるんだ。遠いんだけれどね でも あの グレートーンの町並み、セーヌ河沿い、カフェでの時間 幸せの要素がふんわーり そろっている。うきうきした気分。おいしいカフェcafeの匂い。

そして メトロの大好きな METROがある。メトロは パリメトロほど おもしろい地下鉄はない!といっている。それに 引込み線がいっぱいなんだそうな。いく度に なくなる駅 新しい駅 延伸した駅がある。
こんなに メトロと私の希望が ピッタリくるのは パリしかない!と勝手なこじつけで いってます。へへへ。
そして 必ず 前向きになって歩けるんだ。
メトロを連れてだなんて絶対無理と思っていた 海外旅行も とにかく人参をぶらさげりゃ 走る私みたい。

2.un petit voyage dans paris en metro
パリ地下鉄14号線沿いの おしゃれなレストラン、雑貨や、ケーキcakeや おまけに 路線ごとの簡単だけれど 歴史がのっている。メトロは 真剣に歴史のところを読んでいました。

3.パリメトロ散歩
これは 本当によくできていると感心してしまう。
地下鉄に興味がなくても 知っていれば パリ旅行が倍は楽しくなると思う
駅に施された 芸術artの数々。それそ゜れの路線での物語。私の母が ハマッた本。ここの駅で降りようとか いってます。

って 今から こんなんじゃ ゴールデンウィークはとおすぎーーー!
メトロは メトロで 素敵な本をゲット。次回ーー!paper

| | コメント (0)

2008年9月 9日 (火)

さて 中身、、、?パリ旅行

 航空券もゲットし アパルトマンも予約。
まあ これでほっとしたのは事実。
4年前に JTBに アパルトマンのツアーを申し込んでいたのに 人数が多すぎて キャンセル待ちという事態になったから。JTBなんかは 席を多めにゲットしているものの それでも申し込みが全国からなので 受付無理となったわけ。
メゾン ルージュ ホテル 今回は8日間の旅です。
前回に モンサンミッシェルに行ったのは 感激だったよー。
またいきたいくらいなんだけど 次はアルザス(ドイツの方)の ストラスブール、コルマールを一泊ホテルを探して 小旅行にでかけようと 張り切っている。本当に張り切っていて ホテル探しを 毎晩 寝る前にネットで探しているんだけれどね。
フランスは ホテルの部屋が小さいので ツインたって 狭い。
狙っているのは ホテルメゾンルージュ。
ストラスブールのLRTの路面電車沿いにたっている。立地条件メトロ向きでしょ。
ただ トリプルって部屋がない。そこを 悩んでたりするんだなー。
メトロも 160cmになったしで でかいしなー。

まあ メトロは いき帰りの TGVとRER(国鉄特急みたいなの)が楽しみみたい。
あと ストラスブールのLRTは 去年の鉄道ファンにも 特集があったので 楽しみみたい。さてさて どうするか?

| | コメント (0)

2008年9月 4日 (木)

迷子になったとき 役立つねぇぇぇ

Metro_pen 姉から プレゼントされた パリメトロのペン。



これ ほしかったんだぁ。


だって これ パリの地下鉄で 乗り換えに困ったとき いいのよー。



なんでかって!?
へっへっへ

Metro_pen2
ペンの横のシルバーの部分を ぴょおおーんと ひっぱるとパリメトロ路線図がでてくる。
どうじゃーー。




って 小さすぎ。


メトロに 迷子になったら便利よねぇと言うと 一言
「パリメトロ路線図 全部知ってるし」
はい 参りました。

| | コメント (8)

2008年9月 3日 (水)

毎日 おくら!

Okura 今日も また 父がメトロのために おくらを畑でとってきた。写真は 今日の収穫。
毎日 このくらい 畑でとってきてくれます。
お盆に 甥っ子が来て 食べまくってたのを見て 今まで食べたことがなかったメトロが
「僕も食べたい」
といい 食べたら めちゃうまぁぁとなったわけ。
それから 毎日 毎日おくら ざんす。
おくらと納豆
おくらと山芋
おくらおかかあえ
メトロはん 毎日 どっさり食べてます。
実は 私も そんなに 買ってまで食べることは なかったので こんなに おくらを食べた夏は はじめて!
健康そのものだし 取れたておくらは 新鮮でうまいと 家族で食べまくりー!sign01おいし。

| | コメント (4)

2008年9月 2日 (火)

航空券ゲット


最近 Googleで ストリートビューにはまっちょります。
だって 絶対 疑似体験できるもの。まず Google地図サイトから PARISといれて ストリートビューをクリックすると カメラマークがでてきます。
だから エッフェルタワーgoodや セーヌ河沿いなんか くるりとみれるわけ。これが とても鮮明できれい。まるで そこに自分がたって 風景を見渡しているような感じになる。
ぜひ お暇な方 やってみて。めちゃ はまる私。

2学期がやっと 始まりました!scissorsで 落ち着いて 航空券airplaneを購入。
コリアンエアーの場合 スカイパスという マイレージがたまる会員にならないと オンライン予約ができません。エールフランスは 会員じゃなくても できたのに。
だって コンチネンタルでマイレージためているのに ヨーロッパ往復つけないと損じゃない?
で 電話して 聞いてみたら 直接telephone電話で予約してくれてもOKということ。
だから コリアンエアーのマイレージも コンチに 回せることになりました。おめでとう!upマイレージも なんと25万マイルたまっていて シーズンオフなら グアム10回は往復できちゃうくらいなんだけど なかなか シーズンオフに旅行の難しい私、、、いつ 使えるかしらん

とりあえず チケットとって 宿も確保。ほっとした。
今じゃ パリメトロも Suicaのような パスができていて便利だそう。楽しみ。

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »