« 素敵!オリエントエクスプレス!ひゅーひゅー | トップページ | どうにも 止まらない! »

2009年6月 1日 (月)

今回の旅で一番おもったこと

Cimg1002 今回は 車椅子の旅。そう身体にハンディをもっての旅でした。
車椅子のマークは 世界共通で どこにいっても特別の扉や もちろんエレベーター優先 駐車場 パッと目に付くところには どこでもかしこでも 車椅子のこのマークがありました。




見える障害


見えない障害

この違いはなんでしょう?

こればかり 考えて 発達障害のマークは なんで世界共通のがないんだろ?
日本だけでもないのだろ?
と考えまくりました。
まず 岡山空港
ソウル乗り換えだけれど 車椅子は直接フランスへ送る
そして ソウルで 代わりの車椅子を手配してくれた
もちろん 飛行機は優先搭乗だ。
ソウルについて驚いた。
Cimg1004_3 まず メトロ専用のアシスタントがつき メトロ専用の車椅子がその場に用意され アシスタントがおし 乗り換えのところまでつれていったくれた。

ボケまくりの この写真は アシスタントがメトロを押しているとこ
アシスタントはいらなかった。いらないといっても 決まりですといって つれていってくれた。これは5分早く飛行機に搭乗。待てるのに。

もし 発達障害のマークがあり そんな手配があったなら

今でこそ 待ち時間が長くても しっかりわかっていれば 待てるメトロだが 昔は大変だった。
ソウルで 発達障害専門のアシスタントが いて 特別のプレイエリアや静かに待てる空間まで つれていってくれて 搭乗時間を視覚的に教えてくれたなら どんなにすばらしいだろう



そして シャルルドゴール空港
飛行機は 車椅子は最後に降ります。でも フランスも飛行機でたところに Bonjourとアシスタントムッシューがいて メトロについてくれる。
そして入国審査に長蛇の列、、、だが ひゅーーーと 別の扉から一番にでれた。待てるのに。待てるのに。
なんで?


もし 発達障害のマークがあり そんな手配があったなら

飛行機をでて 発達障害専門のアシスタントがいて ちゃんと順序よく説明の上 連れて行ってくれたら。
入国審査で 特別に発達障害のマークがあり そこから入れる。待てない子どもは優先。
考えても 考えても なぜ ないのかが不思議に思った。



ハンディとは 身体だけではなく 精神も 知的もいろんなハンディなのだ。
今回は ふたつのハンディを抱えながら ここに 発達障害なんです といったところで 早くに進めるわけもないんだろうな?と思ったりした。
特に はじめての方に 自閉症なんです。えーと 自閉症というのはと説明したところで 進んでいくのは難しいと思った。
フランス語で 足がけがをしているから 車椅子が必要 ソウルで代わりの車椅子を手配してほしいというのを伝えたら 完璧にソウルの空港で メトロ専用のアシスタントがいたから驚きだ。
これが 当たり前のように 発達障害なんで ちょっと空港でアシスタントをお願いしたいといって すんなり通じるときがくれば いいと心から思った。
本当に そう強く思う そんな旅でした。
まだ 自閉症というだけで 乗れない航空会社はあるので いちいち言ってのってはいないけど。写真は シャルルドゴール空港で 特別な なぜかスペシャルボックスといっていた箱に メトロの日本からもってきた車椅子をいれた箱。
今回は 車椅子という旅でしたが いろーんなことも考えられた素敵な旅でした。

|

« 素敵!オリエントエクスプレス!ひゅーひゅー | トップページ | どうにも 止まらない! »

コメント

障害と言っても、それが見えるか見えないかでこれほど対応に差があるんだよね。見えないハンディにも、必要な時にはいつでもどこでもサポートが提供される世の中だといいね~ホントに。
メトロ軍団のみなさん、車いすの旅、ご苦労さま!!
何はともあれ、メトロ君の足もすっかり治ったということでよかったよかったhappy01

投稿: ekubostar | 2009年6月 1日 (月) 23時09分

>ekubostar姉ちゃん
はい おかげさまで 元気いっぱい走っております。
車椅子が嘘のようだわ。
今回は メトロでさえ バリアフリーだねぇーなんていって 車椅子にのってたほどだからね。自閉症のバリアフリー難しいね

投稿: たららん | 2009年6月 2日 (火) 19時02分

見える障害、昔はねちょっとうらやましかったりしたんだ(笑)。
でも見えないから、見えるからっていうんじゃないんだなと
思うようになってきた。
発達障害ってひとくくりにされてはいるけど
その特徴は千差万別で個性も何通りもあったり・・

その特性に合わせてサポートなんて・・やっぱり無理があるのよねきっと。
身体(目、耳、口、手足など)の場合だと相手の立場に立って考えられるけどね。。。

でも、障害があるっていう証明書を見せれば
どんな障害でもアシスタントがささーーっ!って登場してくれたら最高ーー!
障害者マークは1つに統一すべきだーーー!

投稿: くめくめ | 2009年6月 5日 (金) 10時17分

>くめくめさん
本当に どの障害でも アシスタントがつくというサービスうけられると 幸せかも!
私も 車椅子なら 段差に注意してサポートするというのが明確でわかるけれど ここに メトロとは違う自閉症がいたら わかんないもの。
フランスの空港には アシスタントサービスというボックスまでありました。

投稿: たららん | 2009年6月 6日 (土) 19時02分

すごく考えさせられますね。
障害という言葉が自分にとって
身近なものになったときから
見えることと見えないことは
常に考えておりました。
それを実際に旅で経験して
ほんとに実感だったでしょうね。
今だからこそメディアでも伝わりだしたけど
まだまだ、脳機能のことって言っても
いろいろあって分かりにくいもんな~。
でもいつかバリアフリーが共通になると信じてconfident

投稿: りょうママ | 2009年6月 8日 (月) 11時20分

>りょうママさん
そう 車椅子をおして あれ?と思ったの。
あの長い入国審査も すいすいっだもの。待ちますからって感じだったのよ。本当に待てなくて きぃぃーとなってる子どももいるだろうに。
で どこでも あるんだな、車椅子のマーク。
で フランスは日本より遅れているから 自閉症なんてことはなしても ん?というかんじでしょう。難しいわー!

投稿: たららん | 2009年6月 8日 (月) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素敵!オリエントエクスプレス!ひゅーひゅー | トップページ | どうにも 止まらない! »