« ベルギー食文化最高 | トップページ | ブリュッセル地下鉄編 のりまくり »

2010年5月30日 (日)

ブリッュセルトラム編 のりまくりの旅

Photo_10

まあ とにかく メトロの本命は電車だから 今日というこのメーデーはあなたにささげます!
ということで 一日 乗りまくりました。
フランスにいると メーデーは店はほとんど 閉まってしまうので このメーデー(ゴールデンゥイークにいくと避けられないのよ)は 乗りまくりの日と決めてまして。
ただ ブリュッセルは ドイツが近いせいか 仕事人間も多く 観光の周りの店は ほとんどオープンしていて またチョコとか おみやげとか買えたわけで それもうれしい。
まず本題ですが、ブリュッセルは、地下鉄(メトロ)が3系統(実質2路線)、トラムが20系統(うち、都心部と一部区間で、地下区間あり。プレメトロともよぶ)、バスが約50系統(STIBのみ)。
ただ パっと路線図をみただけで これがプレメトロ(トラム)かバスかわからんとです

Photo_2

でも メトロはわかるとです。
すんごいね。
もちろん 昨日も乗りまくりましたが 今日はブリッュセルの郊外へトラムで でかけようということらしい。
本当に ついていくだけの私たちなので 行き先は知らない。
まあ 終点引込み線のたびで あることに間違いない。
片手に一日券をもって いざ出陣。

こうやって 「えっとえっと どこへ行けば乗り換えられるかな?」
と探すわけで 私達はそんなメトロを待ってるのら。
ブリッュセルのバスは なんと トラムのレールの上を走るんですぞ。日本じゃありえないけれど 普通に走るし バスだから 曲がって普通の道路へ行ったりする。不思議。
とにかく 気軽に乗れるトラムは ブリッュセルの人の足だということ。

この三人が わけわかんない終点に降り立つから また ベルギーの人は不思議がるわ。
「どこ 行くの?」
と おばちゃんに 声をかけられる。でもね 私たちも行き先がわかんないわけよ。自由にのっているからー。
ただ 引込み線のたびなのよ。
というわけで 「まだ 決めてないの。わかんない」
と答えてみたが 不思議そうだった。まあ 無理もないかっ。

Photo_4

どこの移動も かなり先を歩くメトロさんに 必死でついていく母と私。
ただ 地下鉄はともかく トラムはグ゛リーンの中をスイスイーと走るから とても快適。

Photo_6

とても快適トラム

内装もきれいだよ

Photo_7

Photo_8

皮のつり革
かっちょいい。本当にいろんなトラムに乗ったけれどどれも内装のセンスには脱帽よ。日本も こういうのにしようよ。
ぴょんぴょんと身体が弾んでいるメトロ。よかったね。いっぱいいっぱいのっていいよー!というとにんまり。

やっぱ この笑顔にコロリといくのさー。

Photo_9

あれやこれやと 自分で計画をたて トラムであそこの駅までいって 次は地下鉄にのりかえてと いっている
はいはい 一日どうぞ。
さすがに外国は一人では乗せられなくてごめんよ。乗りたい思うけど。
次は地下鉄編。
つづく。

|

« ベルギー食文化最高 | トップページ | ブリュッセル地下鉄編 のりまくり »

コメント

センスあるトラムだねheart04
機能100%もいいけど、遊び心や曲線のある乗り物っていいな。
皮のつり革って丈夫そう。。
それにしても、たららんちゃんの旅って
deliciousうまいもの食べて、lovely良いホテルに泊まって、
shineきれいな庭園を見て、trainメトロ君も楽しめて、最高じゃん!

投稿: あい | 2010年6月 1日 (火) 06時42分

>あいちゃん
旅も 宿がさびれていると 気持ちがダウンするし 食事もせっかくお金出すのだったら おいしいとこじゃないとね。でも高かろう うまかろうでなく 安かろううまかろうに命をかけて探します。ははは。
そして 私たち以上のフリータイムをメトロにあげて じゃんじゃん乗りまくります。でも 電車に付き合う時間が 私たちの足の休息時間なわけよ。

投稿: たららん | 2010年6月 1日 (火) 20時49分

なるほどねー。メーデーのような休日を乗り鉄にあてればいいのか。
鉄道は年中無休ですもんね。
EU諸国の車両デザインはどうしてあんなに格好いいんでしょうね。
遺伝子的な感性の差なのか、謎だ。

投稿: みほちん | 2010年6月 8日 (火) 21時25分

>みほちんさん
そう メーデーは乗り鉄の日。
本数は少なくなるんだけれど とまることはないので移動の日につかったりします。
ただ 買い物ができないので 本当に乗り鉄のための日になるのです。

投稿: たららん | 2010年6月 9日 (水) 18時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベルギー食文化最高 | トップページ | ブリュッセル地下鉄編 のりまくり »